天田 透 Toru Tenda (fl/bfl/cbfl)

1967年 千葉県生まれ。

88年に渡独、ドイツ国立ミュンヘン音楽大学にて修行。
95年同大学院修了。

同 (95) 年、マル ウォルドロン トリオ・終戦50年平和祈念日本ツアーに、ジーン リー(vo) とともに参加。

その後日本・ドイツ両国でソロ活動を開始、2004年パリ日本文化会館ジャズフェスティバル“Jazz in Japan”にて、「山下洋輔ニューヨークトリオ」にゲスト出演他、各地のライブハウス、フェスティバル等に出演。

近年は特にバスフルート/コントラバスフルートによる表現を探求し、独自のスタイルを編み出した。

2003年から五年間は、ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学(教育家コース)で非常勤講師を務め、全ての楽器を対象に即興演奏の指導にあたった。

また 2002年より、東北地方の千年前の遺跡から出土した篠笛の復元に取り組み、演奏家による研究の一環として、音楽の現場でもこの未知の楽器の紹介を続けている。

2010年以降は日本を拠点にした活動を展開。

2012年 ファーストリーダーアルバム「Berlin」をドイツのEnja Records(日本版はMuzak)からリリース(天田透(fl/bfl/cbfl) 井野信義(b) 田中徳崇(ds))。


現在は、井野信義(b)とのDuo、今堀恒雄(g)とのDuoを自身の活動の中心として催し、調性音楽とも無調とも異なる響き、そしてクセのあるリズムを持った<未知の懐かしい音>をテーマに創作。また、今堀恒雄の「unpeltipo 3-h.l.x」に太田恵資(vl)とともに参加している。

文中敬称略。